2016/11/15

《大漢和辞典》第三巻中の難字4

【𡚭】【𡚷】【𡛌】【𡛵】【𡛿】 【𡛶】【𡜢】【𡝒】【𡝓】【𡝉】
【𡝋】【𡟗】【𡟒】【𡟐】【𡟌】 【𡟘】【𡡁】【𡡺】【𡢯】【𡢹】
【𡣣】【𡣠】【𡣦】【孌】【𡤽】 【𡥁】【𡉗】【𡥋】【孞】【𡥧】
【𡥳】【𡦀】【𡥿】【𡦁】【𡦍】 【𡦊】【𡦔】【𡦙】【𡦜】【𡦛】
【𡦨】【𡦪】【𡦷】


【𡚭】6042 ハツ 義未詳 〔篇海〕𡚭、普八切、音八、𡞯八切。
 「𡚭」はおそらく「妎」の誤字である。《考釋》(322)参照。

【𡚷】6069 テキ 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡚷、音的。
《篇海》卷五《女部》引《搜真玉鏡》 (340a)
  𡚷,音的。
 待考。

【𡛌】6119 エツ 義未詳 〔金鏡〕𡛌、音謁。
《篇海》卷四《天部》引《搜真玉鏡》 (320a)
  𡛌,音謁。
 待考。

【𡛵】6154 クワ 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡛵、工火切。
 「𡛵」は「妥」が変化した字である。《大漢和辞典》の「工火切」は「土火切」の誤り。《叢考》(510)参照。

【𡛿】6192 音未詳 鳥の名、獨𡛿は隼。 〔字彙補〕𡛿、音未詳、鳥名。〔駢雅〕獨𡛿、隼屬。
《字彙補》丑集《女部》補字 (499d)
  𡛿,音未詳。鳥名。《駢雅》:“獨𡛿,隼屬也。”
 待考。

【𡛶】6196 エイ 義未詳 〔五音篇海〕𡛶、音泄。
 「𡛶」は「媟」の異体字である。《龍龕研究》(260)、《考釋》(324)参照。

【𡜢】6276 バウ・リウ 義未詳 〔川篇〕𡜢、音卯、又音柳。
 「𡜢」は「㚹」が変化した字である。《叢考》(513)参照。

【𡝒】6352 デウ・ヂツ 義未詳 〔龍龕手鑑〕𡝒、奴了切、女悉切。
 「𡝒」は「嬈」の異体字である。《考釋》(329)参照。

【𡝓】6355 スイ 義未詳 〔篇海〕𡝓、音雖。
 「𡝓」は「娞」が変化した字で、「綏」の異体字である。《叢考》(514)参照。

【𡝉】6356 ソ 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡝉、音麄。
 「𡝉」は「麤」の異体字である。《叢考》(515)、《考釋》(105)参照。

【𡝋】6358 デウ 義未詳 〔龍龕手鑑〕𡝋、寧了切。
 「𡝋」は「嬈」の異体字である。《考釋》(327)参照。

【𡟗】6558 カン 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡟗、革閑切。
《篇海》卷五《女部》九畫引《搜真玉鏡》 (342c)
  𡟗,革閑切。
 待考。《字彙補》丑集《女部》補字「𡟗,音義與“奸”同。」(500b)とあるが根拠なし。

【𡟒】6559 ヨウ 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡟒、音孕。
《篇海》卷五《女部》九畫引《搜真玉鏡》 (342c)
  𡟒,音孕。
 「𡟒」は「媵」が変化した字である。「𡟒」は《慧林音義》卷七十四《佛所行讚經傳》第一卷音義「眙,治𡟒反。」に例がある。《玄應音義》卷二十《佛所行讚》第一卷音義「眙,治媵反。」とあり、「𡟒」は「媵」の偏が旁により「女」に変化した字である。

【𡟐】6562 セン 義未詳 〔川篇〕𡟐、音全。
《新修玉篇》卷三《女部》七畫引《會玉川篇》 (30a)
  [⿰女⿳𠂉𠃍疋],音泉。好皃。
《篇海》卷五《女部》九畫引《川篇》 (342c)
  𡟐,音旋,義同。
 「𡟐」は「嫙」の減画異体字である。《廣韻》平聲《仙韻》似宣切「䁢,好皃。嫙,上同。」(141)、「𡟐」「嫙」は近形同音である。《篇海》の「義同」は誤りと思われる。

【𡟌】6563 ソ・カイ 義未詳 〔龍龕手鑑〕𡟌、音麄、又音解。
 「𡟌」は「麤」の異体字である。また、「𡟌」は「觸」の異体字である。《大漢和辞典》の「音解」は「音觸」の誤り。《叢考》(515)、《考釋》(105)参照。

【𡟘】6564 デウ・ヂヨク 義未詳 〔篇海類篇〕𡟘、音裊、又音匿。
 「𡟘」は「嬈」の異体字である。《考釋》(333)参照。

【𡡁】6695 シツ 義未詳 〔篇海類篇〕𡡁、音悉、俗用。
《篇海》卷五《女部》十一畫俗字背篇 (343b)
  𡡁,音悉。俗用。
 「𡡁」は「媳」が変化した字である。「音悉」は望形生音の誤り。《劉知遠諸宮調》卷十二《君臣弟兄子母夫婦團圓》「两个𡡁婦剛走脫。」(第三葉表)に用例が見える。

【𡡺】6757 ベウ・メウ 義未詳 〔龍龕手鑑〕𡡺、彌小切。
《龍龕》卷二《女部》上聲 (282)
  𡡺,弥小反。
 「𡡺」はおそらく「㛴」の異体字「𡢋」が変化した字である。「弥小反」は望形生音の誤り。

【𡢯】6802 音義未詳 〔龍龕手鑑〕𡢯、同𡡄。
 「𡢯」は「荒」の加旁異体字「⿰女荒」が変化した字である。《隨函錄研究》(171)、《可洪音義研究》(160)参照。

【𡢹】6803 エウ 義未詳 〔五音篇海〕𡢹、音夭。
 「𡢹」は「妖」の異体字である。《叢考》(524)参照。

【𡣣】6843 音義未詳 〔字彙補〕𡣣、音義未詳、見釋藏中峯語録。
 「𡣣」は「嫌」の異体字である。《考釋》(338)参照。

【𡣠】6845 エウ 義未詳 〔篇海類篇〕𡣠、伊堯切、音妖。
 「𡣠」は「妖」の異体字である。《叢考》(524)参照。

【𡣦】6848 音未詳 はは 〔稱謂録、方言稱母𡣦〕呉俗呼母曰㜆、又曰𡣦、見集韻。
 「𡣦」は「㜆」が変化した字である。《考釋》(337)参照。

【𡣹】6868 セツ 義未詳 〔篇海類篇〕𡣹、音屑。
 「𡣹」は「燮」が変化した字である。《考釋》(338)参照。

【𡤽】6934 シヨ 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡤽、音署。
《篇海》卷九《子部》引《搜真玉鏡》 (395d)
  [⿰子力]𡤽,二音署。
 待考。

【𡥁】6939 ギ 義未詳 〔五音篇海〕𡥁、音義。
《篇海》卷九《子部》引《搜真玉鏡》 (395d)
  𡥁,音義。
 待考。

【𡉗】6945 シ 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡉗、音子。
《篇海》卷九《子部》引《搜真玉鏡》 (395d)
  𡉗,音子。
 待考。

【𡥋】6958 クワイ 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡥋、音會。
 「𡥋」は「會」の傳抄古文を楷書化したものである。《叢考》(529)参照。

【孞】6959 シン 義未詳 〔搜眞玉鏡〕孞、音信。
《篇海》卷九《子部》引《搜真玉鏡》 (395d)
  孞𡥪,二音信。
 「孞」はおそらく「信」の異体字である。《字彙補・子部》は「孞」「𡥪」を「同信」とする。

【𡥧】6983 音未詳 草をさく。 〔字彙補〕𡥧、音未詳、謂割𨥼草也。
 待考。

【𡥳】6997 キヨ・コ 〔龍龕手鑑〕𡥳、居語切。
《龍龕》卷四《雜部》上聲 (549)
  𡥳𠦮,居語反。二同。
 「𡥳」は「舉」が変化した字である。

【𡦀】7005 ラウ 義未詳 〔搜眞玉鏡〕𡦀、音朗。
《新修玉篇》卷三十《龍龕雜部》平聲引《類篇》 (242c)
  𡦀,音䆫。
《篇海》卷九《子部》引《搜真玉鏡》 (395d)
  𡦀,音朗。
 待考。

【𡥿】7006 チユウ 義未詳 〔海篇〕𡥿、音仲。
 「𡥿」は「湩」の異体字「𡦢」が変化した字である。《叢考》(530)参照。

【𡦁】7007 ジヨ 義未詳 〔五音篇海〕𡦁、辭呂切。
《篇海》卷九《子部》引《搜真玉鏡》 (395d)
  𡦁,辞吕切。
 待考。

【𡦍】7018 セイ 義未詳 〔龍龕手鑑〕𡦍、音齊。
《龍龕》卷二《子部》平聲 (336)
  𡦍,俗,音齊。
 待考。

【𡦊】7020 キ 義未詳 〔龍龕手鑑〕𡦊、音既。
《龍龕》卷二《子部》去聲 (336)
  𡦊,音既。
 待考。

【𡦔】7025 トウ 義未詳 〔字彙補〕𡦔、帝孕切、出釋典神呪中。
 「𡦔」は切身字(音訳字)、無義である。《大方廣菩薩藏文殊師利根本儀軌經》卷十一「曩莫薩哩嚩(二合)沒馱冒地薩怛嚩(二合引)曩(引)摩鉢囉(二合)底賀哆誐𡦔(切身)誐哆(引)喃(引)」(T20,p0875a)に用例がある。

【𡦙】7028 音未詳 東嶽の姓。 〔字彙補〕𡦙、音未詳。〔談薈〕東嶽、姓𡦙。
 待考。

【𡦜】7030 トウ 義未詳 〔篇海類篇〕𡦜、音童。
《篇海》卷九《子部》引《搜真玉鏡》 (395d)
  𡦜,音童。
 「𡦜」はおそらく「湩」の異体字である。7006[𡥿]参照。

【𡦛】7031 シユク 義未詳 〔字彙補〕𡦛、音孰。
 待考。

【𡦨】7038 タン 義未詳 〔字彙補〕𡦨、都敢切、音瞻、義未詳、出釋典。
《新修玉篇》卷三十《享部》引《類篇》 (241s)
  𡦨,都敢切。
 待考。

【𡦪】7045 キフ 義未詳 〔餘文〕𡦪、音笈。
《篇海》卷九《子部》引《搜真玉鏡》 (395d)
  𡦪,音笈。
 待考。

【𡦷】7052 シヨウ・キウ 義未詳 〔龍龕手鑑〕𡦷、音從、又音糺。
《龍龕》卷二《子部》平聲 (336)
  𡦷,從、糺二音。
 待考。

0 件のコメント:

コメントを投稿